忍者ブログ
東京都国分寺市の新日本婦人の会、国分寺支部のブログです。支部からのお知らせや、管理者ぶんじねこの個人的見解も含んだ雑感など色々を発信します。

班でお花見ならぬ笑顔見 ^^

今日は、本当は「行ったほうがいいわよ」と、言われた学習会もあったのですが、班活動が新婦人の基本だと思い、班で企画したお花見に出席しました!

前の班会で
「日頃なかなか会えない人や、お休みがちな人も気軽に参加できる企画」
と、決めていたので、フライヤーも作って新婦人新聞と一緒に読者の方にまで配り、お声がけもできるかぎりして、集まりました。

土曜日も休日出勤の方もいらしたけど、子どもも入れて12人の参加。

でもね、昨日の夜までなんとか桜はもっていたんですが、その後降った雨の影響で、花も散り、雨足も強かったので、場所は急遽公民館にとらせていただいて、おしゃべり会になりました。

家のこと、仕事のこと、ご近所のこと、学校のこと、いろんな愚痴も笑いになり、震災後の自治会の役割や、PTAの役割、若い人の興味関心と近づくためのヒントなど、いろんな話題が沢山出て、本当に元気になりました。

定年後の旦那様の生活について、心配したり不安を持つ方は少なくないですね。エンディングノートづくりなどを通して、家庭の中で命について考えるきっかけになればいいなと、ぶんじねこは思いましたよ。たてのものを横にもしない旦那様は、時に奥様を「お母さん」に仕立て上げてしまいます。もちろん個人レベルで、お互いそれでいいならいいのですが、たいていの場合
「なぜにわたしが今あなたのためにそこまで。自分でできることなのに」
ってお考えになる方は多い。

それでも奥様たちって、たまには旦那様とお花見に行きたいなどの思いはもってらっしゃるんですよね ^^ そこで
「そうよ、そういう気持ちがあるなら、綺麗なお花でも見ながら
 実はね、この間こんなふうだったのは、あの言葉が悲しかったのよ
 わたしだって傷つくのよ?」
って可愛く言ってみたらどう?など、周囲のほうが盛り上がってシーンを想像したり。それで頬を赤くしたりしてる方は、実際とってもかわいくて、一番身近な旦那様がそのかわいさを忘れてらっしゃるとしたら、もったいないなぁ~って思いました。

一方、家事がほとんどできずに高齢になってしまった旦那様は、日本全国にいらっしゃる。

被災地では、避難所でたったひとりの女性になってしまったため、お料理係を任命された女性が、熱でたおれたとき、それこそ旦那様でもない男の方に
「あなたがそんな体調じゃ・・・今日はカップ麺だけでいいな」
と、言われて、自分が倒れてはだめなんだというプレッシャーを感じた会員さんもいらっしゃるとか。

「でもね、わたしがもうこの歳になってそうそう変わらないように、夫もあの歳になって変わるのは難しい。それならわたしが変わるか、聞き流すか、どっちかなのよね~」

と、おっしゃる方のお顔は、とても優しくて素敵でした。

新婦人の班活動の手引きには「どんな悩みや要求も、この会にもちこみ、みんなの問題とすること」と、あります。

そういう意味で、心から共感し、話を共有できたこと、これぞ新婦人っておしゃべり会でした。

でもなー、それが晴れた桜の木の下でできたら、本当によかったのにな!

またやりましょうね!

拍手[0回]

PR