東京都国分寺市の新日本婦人の会、国分寺支部のブログです。支部からのお知らせや、管理者ぶんじねこの個人的見解も含んだ雑感など色々を発信します。
-->

ようこそ


  • 2017/01/22 戦争体験集「炎と飢えと」サイトを追加しました。
  • 2014/04/17 ホームページリニューアルしました。
  • 2011/07/11 ひっそりとTwitterはじめました。
  • 2011/07/11 ひっそりと非公式ブログはじめました。
 

新日本婦人の会五つの目的

 核戦争の危険から女性と子どもの生命を守ります。
 憲法改悪に反対、軍国主義復活を阻止します。
 生活の向上、女性の権利、子どものしあわせのために力をあわせます。
 日本の独立と民主主義、女性の解放をかちとります。
 世界の女性と手をつなぎ、永遠の平和をうちたてます。

新日本婦人の会国分寺支部は、こんなところです

 私たち女性は、日々のくらしや仕事のこと、子育てや老後のこと、健康や食べもの、環境、平和のことなど、たくさんの願いをもっています。
 新婦人は、1962年の創立以来、どんな悩みや要求も、みんなの問題として話し合い、手をつなぎ、実現めざして運動してきました。
 新婦人国分寺支部も、1962年12月から「ポストの数ほど保育園を」合言葉に女性と子どもの幸せのために活動をスタートしました。また発足してすぐに、国分寺駅北口で起こった幼児の死亡事故をきっかけに、安全な駅前にと署名に取り組み、西武多摩湖線側にバスターミナルを作ってもらい、交通渋滞緩和を実現。その後50年間「女性の教育委員を」「子どもたちにサマースクールを」など様々な運動の主軸になり、要求を実現してきました。
 今は政治と人々の距離が遠く、要求の実現も難しい背景はありますが、身近なことから大きなことまで「私は言いたい」「発進と行動」で元気に活動しています。国分寺市では公民館有料化が前市長から提案され、多くの市民が「納得できない」と、説明会に詰めかけました。新日本婦人の会国分寺支部は、市に「公民館の利用料を有料化しないで」の陳情署名を提出しています。(継続審議中)
 あなたの願いもぜひ、会の仲間とともに実らせましょう。
 なによりもいのちが大切にされ、男女がともに人間らしく働き、生きていける社会めざし、ごいっしょに力をあわせていきましょう。
入会のご案内はこちら
※新日本婦人の会は、要求の一致点であらゆる政党・団体・個人と連帯します。