東京都国分寺市の新日本婦人の会、国分寺支部のブログです。支部からのお知らせや、管理者ぶんじねこの個人的見解も含んだ雑感など色々を発信します。

「いつまでも輝いて」お楽しみ班会 byあゆみ西班

 国分寺支部では、毎年「いつまでも輝いて」のつどいを開き、支部の交流をしていますが、今年は場所の都合もあり、支部主催ではなく、各班でオリジナルの班イベントを応援することになりました。

 今日はあゆみ西班の「いつまでも輝いて」班会です。オカリナサークルに参加している、他の班の方々も応援に駆けつけました。

アニーローリーなど3曲を披露。あたたかな音色に癒されました。




 次は、お抹茶タイム。美味しいお茶にあわ大福。それに山びこ班から応援に来た会員さんから手づくりおはぎの差し入れも!


それから美と平和タイム。メイクの実演です。メークアップアドバイザーの魔法の手で、しぐさまで美しくなっていく様子に
「素敵!」
「見違えた!」
「普段も綺麗だけど、もっと素敵よー」
など、声援も。

モデルになった方が
「お蔵入りになっていたかつらを持ってきたわ!」
と、被ってみて大盛り上がり。
「息子を呼んでも気づかれなかったことがある」
と、さらに笑いを集めていました。


さて、飾ってあるのはあゆみ西班が持っているサークルの「絵手紙」と、「ちぎり絵」の展示です。しんぶんちぎり絵を初めて見られる方もいて
「新聞でこんなにきれいに発色するものなの?」
「下絵もなくてこんなにできるの?」
と、興味津々でした。

最初に演奏したオカリナの他、器具を使って体操する3B体操、それと英会話サークルの方が英語で自己紹介。最初は緊張で英語と日本語が混ざったりしましたが、それもご愛嬌。「韓流ドラマが大好きなの」と英語でおっしゃるところは心がこもっていて、みんなから拍手が沸きました。



最後は歌集を見ながら、歌を歌いました。

たんぽぽの歌は、職場で退職させることを目的に隔離部屋に押し込まれた方々を励まして生まれた歌だそうですが、まさに40年前、その職場にいらした方が班にいらして、その経験もお話されました。

まだ新しく入られた方も
「もしかして同級生(東京ではない)のお姉さんがここにいらっしゃるかも。お姉さんが国分寺で社会をよくしたいと頑張ってるってお聞きしてたけど、その弟さんとそっくりな方がそこにいらっしゃる」
と、わたしに耳打ちされ、聞いてみると確かにその方だった!という世間が狭い出会いもあり、本当にわくわくする会でした。

つながるっていいなぁってほのぼのと思い、また先輩方の活動の歴史や思いも伝わる、本当に「いつまでも輝いて」の会でした。

あゆみ西班の皆様、ありがとうございました。(byぶんじねこ)

拍手[2回]