東京都国分寺市の新日本婦人の会、国分寺支部のブログです。支部からのお知らせや、管理者ぶんじねこの個人的見解も含んだ雑感など色々を発信します。

清志郎のこと

ぶんじねこは忌野清志郎さんが大好き。

彼が残した文章と言われるものにこのようなものがあります。

地震の後には戦争がやってくる
軍隊を持ちたい政治家がTVでデカいことを言い始めてる
国民をバカにして戦争にかり立てる
自分は安全なところで偉そうにしてるだけ
阪神大震災から五年、オレは大阪の水浸しになった
部屋で目覚めるとTVをつけた
五ヶ所ほどから火の気がのぼっていた
これはすぐ消えると思ってまた眠った
六時間後に目覚めると、神戸の街は火の海と化していた
この国は何をやってるんだ?
復興資金は大手ゼネコンに流れ
神戸の土建屋は自己破産を申請する
これが日本だ
ワタシの国だ
とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄です
と言って、返り咲いた政治家がいる
政治家はみんな、防衛庁が大好きらしい
人を助けるとか 世界を平和にするとか言って
実は軍隊を動かして世界を征服したい
俺はまるで共産党員みたいだな
普通にロックをやってきただけなんだけど… そうだよ、
売れない音楽をずっとやってきたんだ
何を学ぼうと思ったわけじゃない
好きな音楽をやっているだけだ
それを何かに利用しようなんて思わない
せこい奴らとはちがう 民衆をだまして、
利用して何になりたいんだ?
予算はどーなってるんだ
予算をどう使うかっていうのはいったい誰がきめてるんだ?
10万円のために人を殺す奴もいれば
10兆円とか100兆円とかを動かしている奴もいるんだ
いったいこの国は何なんだ?
俺が生まれて育ったこの国のことだ
君が生まれて育ったこの国のことだよ。



すごく魅力的な内容です。

「地震が起きると戦争が」

そのつながりにまずはっとさせられます。

東日本大震災の後のわたしたちにとっても、共通することをたくさんもっていること。

もうひとつ「まるで共産党員みたいだな」のくだりです。清志郎にとって共産党員とはどんな人たちなのでしょう。どうやらお金のために動く人たちではないことだけは確かでしょう。「普通にロックをやってきた」と続くということは、ロックンロールそのものが、清志郎にとって改革、転換、そして共産党員=革命戦士という位置づけなのかもしれません。

レイシズムと震災との関連についてをうったえる方のインタビューをみつけましたので、まとめてみました。

http://matome.naver.jp/odai/2139792210387543901

たくさんの情報のリンクになりますので、休日の一息タイムにどうぞじっくりご覧ください。

拍手[3回]