東京都国分寺市の新日本婦人の会、国分寺支部のブログです。支部からのお知らせや、管理者ぶんじねこの個人的見解も含んだ雑感など色々を発信します。

橋下氏の発言について

 ご存じのように、橋下氏が「慰安婦は軍には必要」など関連の発言について、新婦人が抗議文を出しました。ご紹介します。

=====
日本維新の会共同代表
大阪市長
橋下徹 様

橋下氏は公人失格、「慰安婦制度は必要」「風俗業活用」の
女性じゅうりんの暴言に怒りを込めて抗議します

     新日本婦人の会中央本部
     会長  笠井 貴美代

 5 月 13 日、橋下徹大阪市長が「『慰安婦』制度は必要だ」「(沖縄で米海兵隊司令官に)もっと風俗業を活用してほしい」と述べたことに、国内外から驚きと抗議の渦がまきおこっています。新日本婦人の会は、女性の人権をここまでふみにじって恥じない暴言に、満身の怒りを込めて強く抗議し、もはや公党の代表、市長、政治家として失格であることを厳しく指摘します。

 日本軍「慰安婦」問題は、侵略戦争のなかで女性の人権を極限までじゅうりんし「性奴隷」制度であり、人権侵害の戦争犯罪として、世界から日本政府に一日も早く責任を認め、謝罪することが求められている問題です。橋下氏がこれまでも安倍首相とともに、この歴史の事実をゆがめてきたことは広く知られていますが、さらにこの制度を「必要だ」とまでエスカレートさせたことは、国際社会に通用しない暴言です。

「風俗」発言も、米軍基地の性暴力の被害根絶の声を上げ続けている、沖縄をはじめ各地の女性・国民を冒涜するものです。

 女性をもっぱら性の対象としてしかみない政治家が、市民・国民の人権など守れるはずはありません。

 橋下氏に、これまでの暴言の撤回と謝罪、公党代表と市長の辞任を重ねて強く求めます。
http://www.shinfujin.gr.jp/

=====
ぶんじねこ、今日はちょっとまじめモードで語ります。

 橋下氏は完全に役割を終えたと思います。彼の役割は大阪の人たちのためでもなく、国民のためでもなく、ひとえに自分自身の「勝利」(それも何に対しての勝ちかもよくわかりませんが)とその一見強そうな臭気に近寄ってくる似たような思想のひとたちのための役割。

 これまでも憲法は法律に反する暴言を繰り返してきた橋下氏ですが、今回のことで彼に感謝することがあるとしたら、人々にとって「憲法」やそれにのっとった「法律」がわたしたちのくらしや人間性にいかに深くかかわり、平和を維持していることか、なかなか見えにくいところを、露骨に実感させてくれたことだと思います。しかしもうじゅうぶんです。

 「公=主に国、およびそれを守る軍=益」のためなら女性がどうなってもかまわない。仕方ない。男が粗暴になっても人間性を欠落させていってもかまわない。そんな人に国の政治にかかわってほしくありません。ご退場いただきたいですね。

 なおわたしは個人的に彼を「時代の寵児」と呼ぶことを好みません。「寵児」というのは愛に包まれ育まれ、人々の幸いの結晶である必要があり、彼のように鬱屈した感情のかたまりのような小さな個人に与えられる称号ではない、と、考えます。ごくごく短期間、勝手にわめいて勝手にもちあげられて勝手に自爆してくだけの人。寵児なんかであるもんか。

 持ち上げたマスコミにも強く抗議します。

拍手[2回]